お通じを良くするにはどんな方法がいい?

お通じを良くするには、きちんとした便秘解消方法を把握しておく必要があります。
基本的に便秘が体に良い影響を与える事はありませんので、できる限り早くお通じを良くする事が重要になります。
便秘を放っておくと体臭や口臭の原因になりますし、肌荒れやニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。
まず最近の女性に多い便秘の原因ですが、これは食事量の少なさが挙げられます。
過度なダイエットや食事制限などで基本的な食事量が少なくなると、排便に必要な食物繊維が不足してしまいます。
なので、お通じを良くするには、まずしっかりとバランスのとれた食事をする事が挙げられます。
なおダイエットしたい場合には、軽い運動などで汗を流す方法を行った方が良いと言えます。
また、お通じを良くするには薬などを使った方法もあります。しかし、便秘薬などは日常的に使っていると徐々に効果が弱まっていきます。
これは、体が慣れてしまうことが原因になりますので、そうなってしまうほど症状が重たい場合には、病院に行って医師の診察を受ける必要があります。
なお、その時には消化器科を受診すれば大腸がんなどの早期発見も可能になりますので、多くの医師が便秘の時には消化器科の受診を推奨しています。

 

 

お通じを良くする飲み物とは?

毎日スッキリしたい、誰もが思うことです。そのスッキリをするためにも、お通じを良くする飲み物で一番手軽なのが、お水になります。
ただ、お通じを良くする飲み物として考えるのなら飲む時間が大事になり、朝起きてすぐに冷たい水を飲むことです。
こうすることで、腸内の活動が促されて便意に繋がります。
このときに、さらにお通じを良くする飲み物として、レモンの果汁を数的プラスすると、レモンのビタミンが腸を刺激します。
しかし、朝一番のお水でも改善できない場合は、腸が冷えて便秘になっている可能性もあるので白湯に切り替えます。
最近、大注目されている飲む点滴と言われている甘酒も効果は期待できます。
甘酒というと、お酒のイメージがありますが、最近のものはノンアルコールのものが増えており、成分には食物繊維やオリゴ糖が含まれています。
他にもダイエットなどで人気があるプーアール茶も効果があります。毎日飲むお茶を、プーアール茶に変えるだけで自然とお通じを良くする飲み物になります。
プーアール茶は、他にも脂肪の分解作用や、下痢止め、整腸作用も合わせてもっています。
毎日の生活習慣の中で、これらを取り入れることでお通じを良くすることができます。

 

 

改善させるにはストレッチがいい?

ストレッチにはお通じを良くする効果があります。
腸を刺激して蠕動運動を盛んにするため、大腸の運動が低下して内容物をスムーズに送り出せない弛緩性便秘や、大腸が緊張して収縮する痙攣性便秘に対して有効です。
お通じが良くない状態を放置しておくと、不眠や腰痛、冷え性、むくみ、肌荒れなど、様々な心身の不調をもたらします。
更には大腸がんの原因にもなりかねません。お通じを良くすることは健康の基本です。
弛緩性及び痙攣性便秘を改善して、お通じを良くするのに有効なのが、お腹と腰、股関節、そして骨盤引き締めなどのストレッチです。
お腹と腰のストレッチは床に座って左足を立て、右足を伸ばします。
左足を右ひざの外側に置き、右手の肘を左足の膝の外側に付けて、息を吐きながら左へねじります。左右を入れ替えて行います。
股関節のストレッチは座った状態で両足の裏を合わせ、かかとを手前に引き寄せます。
大きく息を吸いながら背筋を伸ばし、息を吐きながら上半身を前に倒し、数秒間静止します。
息を吸いながら体を起こして背筋を伸ばし、上体を左右にゆっくり揺らします。
骨盤を引き締めるストレッチは、仰向けに寝て、足を垂直に上げ、腰を両手で支えて自転車こぎを10回します。

 

 

お通じを良くするなら、こちらのサイトもご参考に

お通じを良くすることを目指しているなら、こちらのサイトも見てみてください。
さらに詳細にお通じを良くするための方法について書いてあります。
お通じの悩みがなくなれば、今よりも気分よく毎日を過ごすこともできますからね。少しずつ、日々の生活を充実したものにしていきましょう。